アイデアを資産へ 知的財産・特許・商標 久留特許事務所

久留特許事務所の取り扱い業務について

取り扱い業務について

  • 特許について
  • 実用新案について
  • 意匠について
  • 商標について

特許について

  • 特許について
  • 特許の流れ

実体審査では次の要件が審査されます。

発明であること

自然法則を利用した技術的思想の創作である必要があります。
このため、技術を用いない単なる人為的取り決めや
ビジネスの手法などは特許になりません。

新規性を有すること

出願時点よりも前に同一発明が公然と知られている場合は特許になりません。
このため、出願人自身がその商品を既に発売している場合は特許にはなりません。

※新規性喪失の例外の適用を受けられる場合があります。

進歩性を有すること

新規なものであっても当業者が容易に考え出すことが
できる程度のものは特許にはなりません。
進歩性をクリアするためには、従来技術との構成上の相違や
効果の相違について工夫していく必要があります。

記載要件

出願に係る発明について一定の要件に沿った書式で
出願書類に記載しなければなりません。

先願

同一発明が前後に競合した場合、
最先に出願した者のみが特許を受けることができます。